住宅ローンを抱えたままでの離婚

金融機関から相談を受けました


売主様は購入されたご自宅の住宅ローンを抱えた状態で奥様と離婚され、ご自宅をお出になられた様でした。
売主様は借入先のご担当者と返済についての相談をして、「売却できるならばその方法で進めたい」とお話しされたようで、金融機関のご担当者から当社にご連絡を頂きました。
ご担当者からは、ご本人から説明された内容として、ご自宅には元奥様が現在も居住中で、長年お話しされていないしお話しするお積りもない様なので、当社で何とか出来ないだろうかというご相談内容でした。


頑張ってみました

当社でお受けしてみることにして、元奥様とお話しするためにご自宅に伺いました。
インターホン越しで要件をお伝えしましたが、お忙しいからと要件しか伝えられませんでした。
この様なことを何度か繰り返しましたが、元奥様は、事態解決に動くべきとご判断されたのか、ようやくお会いしてお話しすることが出来ました。


奥様への説明

借入先と元ご主人との間で話し合いがなされ、住宅ローンのお支払いがきつい状況であれば、ご自宅の売却(任意売却)を進めてほしいと借入先から提案されていると伺っている事を説明し、それには居住されている元奥様のご協力なしには進められない旨お話ししました。
元奥様からは協力しない場合どうなるのかご質問がありました。これについて、金融機関としては法的手続きにより売却(不動産競売)を進めることになるでしょう。と説明させていただきました。お引渡しが避けられない事情も説明させていただきました。


解決へ

元奥様から、退去するための資金援助をしてもらえるのであれば協力するとのご意向を伺っておりましたので、売主様および金融機関にその旨をお伝えしておきました。
一般市場で販売を行うことが出来たことにより、条件の良い買主様が発見できました。
ご売却代金で元奥様のお引越しの支援が出来、尚且つ売主様の生活状況をご考慮頂けたようで、金融機関から、損害金は一部を免除して完済の取り扱いをするとご報告がありました。
結果として、金融機関・売主様・元奥様の全員が満足した取引ができました。

記事の更新日:

株式会社 クレス
免許番号:国土交通大臣(6)第5245号
〒102-0073 
東京都千代田区九段北4-1-3 飛栄九段北ビル2階
TEL: 03-3222-8011 FAX: 03-3222-8022

Copyright (C) 2018 CRES.CO,.LTD. All Rights Reserved.

PAGE TOP