当社なら法的アドバイスを簡単に聞くことが出来るんです

お客様からのご要望

当社では、ローンの返済にお困りの方や老後資金を確保したいお客様用にリースバック事業を行っております。
今回のお客様のご要望は正に住宅ローンの完済でした。ご自宅にお借入れの担保として抵当権が設定されていました。
「この住宅ローンを完済して数年だけ住み続けられれば、子どもは独立する予定なので、その後は賃貸物件に転居するつもり。」との事でした。


お話をよく聞くと

住宅ローンの残高は不動産の評価額を下回っており、当社で購入する見通しが立てられると考えておりましたが、お客様からいろいろな事情を伺っていると他に借り入れがあることが判りました。その借り入れは不動産を担保としていないので、お借入金額や現在残高はお客様から伺わないと分かりません。また、この無担保でのお借入れの返済が困難になっていて法的手続きによって救済措置を受けたいとご自身ではお考えになっている様でした。

進めていいのか

お客様のご意向や現在置かれている状況が判りましたところで、当社としてはお客様が考えていらっしゃる最終着地点に上手く誘導しなければなりません。
そこで、リースバックで進めることが出来るのか、別の方法を選択しなければならないのかということを専門家に判断して頂こうと考えました。相談できる弁護士先生はたくさん知っていますので、お客様のご都合に最適な先生にお願いしました。


方針変更

弁護士先生とお客様のご都合を調整し弁護士事務所で打合せをしていただきました。
今回のケースで当社が購入しお客様にそのまま住み続けて頂く、いわゆるリースバックを進めた場合、その後にお客様が破産手続きに移行すると、破産手続き開始後に裁判所選任の破産管財人から不当に安く財産を処分したという疑いをもたれ、その売買を否認される可能性があると教えて頂きました。
最終的な目的が達成できない恐れがあるならば危険を回避するべきだと、その場にいた全員が同意したことにより、通常の方法で販売活動を行うことになりました。

お客様からは「危ない橋を渡ろうとしていたんですね。クレスさんに相談して良かったです‼」と感謝して頂けました。

記事の更新日:

PAGE TOP